プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトR

プロジェクトについて

Project
プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトRとは…

かつて存在した歴史に名を残す名車と言われた車が存在する。
しかし、年月はその名車を世の中から消し去ろうとする。
それらを過去のものとして忘れ去ることは今ある技術の礎を捨て去ることでもある。

大阪トヨペットグループでは、2015年、トヨペットコロナを修復した経験を持ち、その時の経験から歴史の財産である名車たちをあらためて見直し、蘇らせることにチャレンジすることで、技術力に大きな知的財産としてのバックボーンを与えてくれると感じることができた。

かつての名車を「復活(Revival)」させ、当時の形に「生き返らせる(Restore)」
そして完成度の高い状態で「自動車競技(Rally)」に出場する。
それにより技術力を「高める(Raise)」ことができる。

同時に1つの目標に全社員が一丸となることで社員と社員の「絆(Relationship)」を築き、同時にモータリゼーション社会の中でクルマを愛する人々の「絆(Relationship)」に貢献できる。

5つの“R”を実践する新たな挑戦へのプロジェクト「プロジェクトR」を、エンジニア技術研修の一環として、新たな教育プログラムを設定。
日本の世界の歴史的財産を守り後世に伝えると共に、大阪トヨペットグループの店舗では、お客様が大切にする思い出の愛車をいつまでも輝き続ける事ができるお手伝いを行う整備責任を果たしていきたい。

プロジェクトR
プロジェクトR
   

レストアカーについて

Car
2000GT 1967-1970
2000GT 1967-1970
2000GT
2000GT

下の動画は1989年、ヨーロッパで開催された、7日間約3000kmを走破する、ピレリークラッシックマラソンというラリーの映像です。
ドライバーは1970年代、セリカやレビンでWRCラリーに出場、幾度となく優勝し、「ラリーの神様」と呼ばれ、ドライバーの引退後はトヨタ・チーム・ヨーロッパの監督として、トヨタF1の代表を務めるなど、生涯トヨタと共にモータースポーツの発展に努めた人物。オベ・アンダーソンです。
そのオベ・アンダーソンがドライブし、ピレリークラッシックマラソンに出場した、歴史ある2000GTを自社エンジニアが再生させることで、クルマの基礎から自動車を学び直し、同時にレストアという新しい取り組みにチャレンジをします。

プログレス

Progress
プロジェクトR発足式
2019年8月22日

プロジェクトR発足式

2019年8月22日 OTGトレーニングセンターでプロジェクトRの発足式が行われました。 プロジェクトRファク […]

スタッフレストア日記

Diary
表示されない方はこちらからQRコード
まだ手もつけれてない部位ですが、これ何でしょう?
足元のヒーターの吹き出し口です。
他にダッシュボードの両端とダッシュボード上部にもありますが、今回はこの部位についてみていきます🤗
と言うのも、吹き出し口の部品で手元にあるのがこれだけ💦他の部品については未入手なので😓

丸い筒の先端に開閉式の扉があるだけのシンプルな構造なんですが、円の半分づつが開閉する仕組みで、開ける扉により手前や奥への振り分けや、回転させることで下向きへも風向きを調整できるスグレモノ😳閉じればシャットする事も出来ます。

ただ、この扉の素材が金属なんで、ヒーターMAX作動時は触ると熱かったんじゃないかと、余計な心配をしてしまいます。

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-06-15
ストップランプスイッチの仕組み、構造は見ていただけたと思うのですが、作動は写真じゃ伝わりにくいんで、動画を撮ってみました。
黒いケースの中では内部が分からないので、金属板を曲げてケースを作り、作動確認出来るようにしてみました🤗
不思議な動きしてますよね?スイッチの突起を押し込んだら接点が引っ込み、離すと突き出る。
こういう作動をしてたんですね🧐

ちなみに、新しめのスイッチも分解してみましたが、特に感動するほどじゃなかった😅
あと、分解してみたこと無いのですが、今の自動車のストップランプスイッチってリードスイッチを使用してるのもあるんですね。

電気を流す、流さないを切り替えるシンプルなスイッチですが、確実な作動に耐久性も兼ね備える大事な部品なんですね❗

前回のブレーキペダルを踏んでいない時、スイッチの接点は、①開でした。
間違えた方はいないと思いますが、ペダルを踏んでいない=スイッチを押してないではないですよ😉
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-06-08
先週行われましたスーパー耐久富士24時間レースを観ていた方もいらっしゃるかと思います。
場内でテント張って観戦するのも楽しそうですね🏎️🏁
水素を燃料としたGRカローラ、完走はしたものの長時間ストップしてしまいましたね💦

ストップといえば、写真にあるのはストップランプスイッチ(強引に持ってきた🤣)
左が当時の物で、右が現在入手可能な物です。形こそ似てますが、仕組みがまったく別物でした!

分解してみますと、見慣れたコイルばねではなく板状の物が組合わさった構造となっていて、ON-OFF切り替わり時に「カチッ」と音を発します。
現在のスイッチはコイルばねを使用しているため、音を発しない物がほとんどのようです。

それにしても接点のすり減りがヤバい😨

では問題です。
この様な接点があるだけのストップランプスイッチは、ブレーキペダルを踏んでいない時の接点の状態は次のうちどれ?
①開
②閉
③門
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-06-01
本日2投稿目です😅プラモの説明書の写真ですいません🙏
と言うのも、富士スピードウェイで耐久レースが行われていますよね‼️
富士24時間ですよ❗
トヨタは水素を燃料としたマシンを走らせていますが、無事に走りきって欲しいですね😉

1967年4月、富士24時間耐久レースに2台の2000GTを走らせ、見事ワンツーフィニッシュしました。

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt #富士24時間
2024-05-25
ウインドウレギュレーターの掃除を終えました🤗

と、その前に前回のシュラウドの意味ですが、①覆いでした!
自動車の分野では、ラジエーターシュラウドやファンシュラウドと呼ばれていますが、ラジエーターを保護したり、クーリングファンによる風を効率よく当てる役割があります。
2000GTの場合外装であり、走行風を通す目的があるため多くのスリットが設けられたデザインになってると思います🤔

本題に戻りまして、ウインドウレギュレーターの掃除をした結果、アーム部があまり綺麗にならなかったんですよね。
錆びも無いし変形も無いのですが、アーム部に鎚目(金づちで叩いた痕)が有りました😳しかも複数。
これについては意味不明です💦

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-05-25
前回、アンダーカバー的な物を紹介しましたが、同じような形状の物がフェンダーミラーのすぐそばにもあります。
エンジンルームの熱気を逃がすためのモノですね😃

アンダーカバー的な物に話を戻しますと、前期型と後期型とで違いがあります。お詳しい方はご存じかと思います。
前期型は、グリルより取り込んだ空気が外へ排出される形状である一方、後期型では排出ではなく空気を取り込む形状となっていると思われます。
おそらく冷却性能の向上が図られたものだと思われます🤔

ちなみに、アンダーカバー的な物の部品名称ですが、シュラウドという単語が名称に含まれています。
さて、シュラウドとはどういう意味でしょう?
①覆い
②網
③板

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-05-19
写真で紹介してますのは、イトマキエイのエラではございません💦
グリル下部にあるアンダーカバーといいますか、フロントセクションを構成するボディーパネルといいますか。現在の自動車では、ほぼ見なくなったルーバー。
鋼鈑にルーバーを設けているのって、思い付くのは更衣室のロッカーくらいでしょうか😅
通気を目的としてるのですが、パネルの面積の大半をルーバーが占めていると、軽く押しただけで凹みそうですね😱

そういえば5月といえば、16日に2000GTが57回目の誕生日を迎えます🎉
1967年5月16日、トヨタ自動車は2000GTを販売開始。この日が誕生日とされていますね😉

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-05-13
まずは前回、前期型と後期型のレギュレーターハンドルの違いについて出題しましたが、解りました?
正解は②のノブの大きさが違うでした。
写真1枚目は、以前撮らせてもらった期型となるのですが、ノブは指先でつまむくらいの大きさで、後期型はもう少し大きくなっていたようです🤗

3年前のゴールデンウィーク直前に、ちょうどドアの内張りを修復する準備に取りかかっていたので、ついでに載せときます😅

ゴールデンウィークの休みになられた方も、仕事されてる方もいらっしゃると思いますが、遊びも仕事も事故ケガの無いように⛑️

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-04-28
お見苦しい写真からで申し訳ないです💦
ウインドウレギュレーターの部品ですが、コテコテに汚れています。

ただ、そのほとんどがグリースによるもので、油分を溶かしながら洗浄すれば、余計な傷をつける事なく綺麗になります。
そのおかげか、錆びは見あたりませんでした🤗

綺麗になった部品を見てみますと、写真では光の加減で白っぽく見えますが、もう少し黄色みのある色をしていまして、錆びにくくするためのクロメート処理が施されていると思われます。

しかしこれも部品同士が擦れあい、表面処理が損耗すると錆びやすくなります。
実際、レールの中をローラーが動くことで、擦れが生じます。グリースが塗布されている事で動きを軽くし、損耗を遅らせ、防水も兼ねていたおかげでこの部品は錆びてなかったと思います。
ただ、ここまで汚れが蓄積したまま使用を続けると、その効果も発揮しないので注意が必要ですね。

ドアの中に雨や洗車の際に水が入ってしまうのは、構造上仕方ないのですが、その水による錆びの発生を抑制する技術は、今も当時も大きな違いは無いようです😉

トヨタ2000GTのウインドウレギュレーターハンドルですが、前期型と後期型とで違いがあります。どの様な違いがあるでしょう?
①材質が違う
②ノブの大きさが違う
③表面処理が違う

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-04-20
「ばね」の紹介がてら、ウインドウレギュレーターを持ち出したついでに、洗浄していこうかと思います。

外せる部品は、ばねと短いレールくらいですが、とりあえず短いレールを外します。
レールを外すと、ローラーに塗布されたグリースが劣化し、ホコリが付着しているのが分かります。

まずはローラーを綺麗にしてみましたが、ずいぶん黄ばんでますね😨
しかし、ひび割れや変な摩耗は無さそうです😉

よーく見てみると、ローラーが2重構造になっています。私にとって、初めて見る構造です。このままレールに収まってる意味が有るのでしょうか🤔
もしかしてレールのふちを挟むように取り付けるのでは?

とりあえず、他の部位も洗浄してまいりましょう💪

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-04-14
え~っと、またちょっと「ばね」の話しにななります。
ずいぶん前に少し登場したウインドウレギュレーターですが、これにもばねが使われています。
未洗浄で見苦しくてすいません😓(近いうちに洗浄します💦)

黒く渦を巻いた物体がばねなんですが、「ゼンマイばね」という種類のばねになり、「渦巻きばね」とも言われます。
以前紹介したばねとは形状が違いますよね。「押す」「引く」とは違い、回転方向に加えた力が、反対向きの回転する力となります。

このようなレギュレーターの場合、重いガラスを軽い力で上げられるようにアシストするとか、落ちないように保持するような働きがあります👍

同じようなばねは他にも使われていて、シートのリクライニング機構だったり、シートベルトの巻き取り装置だったり。

見慣れない形状のばねですが、身近な物だと、機械式腕時計や、チョロQ(プルバックカー)のようなおもちゃにも、大きさこそ違えどゼンマイばねが使われています。

「ゼンマイばね」のゼンマイとは、この時期山菜採りでポピュラーな、あのゼンマイから名前が由来してるそうです🧐
こんな話しをしてたら、山菜そばや山菜の天ぷらを食べたくなってきました😅

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-04-05
先日、とある会社を訪問し、2000GTのフルレストア中の様子を見せていただける事になり、写真撮っていいよ👌って言っていただけました😊
神聖な職場ですし、場所が特定できるような物や許可された物以外が写り込まないよう気を付けながら撮られていただいたきました🤗

ちょうどフューエルフィルターが丸見えになっていたので、参考に撮ってきましたがいかがでしょう?銅パイプがある方が燃料タンク側で、その反対側がキャブ側になります。ゴムキャップが付けられてますが出口が上を向いてますよね。これが本来の状態です。
図面で理解はしていても、現物を見ると感動しますね😅

おっと、前回のばねに関する問題は①ばね定数が正解です。ばね定食なんてあったら、ちょっと気になって注文しそうですが😁

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2024-03-30

PAGE TOP