プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトR

プロジェクトについて

Project
プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトRとは…

かつて存在した歴史に名を残す名車と言われた車が存在する。
しかし、年月はその名車を世の中から消し去ろうとする。
それらを過去のものとして忘れ去ることは今ある技術の礎を捨て去ることでもある。

大阪トヨペットグループでは、2015年、トヨペットコロナを修復した経験を持ち、その時の経験から歴史の財産である名車たちをあらためて見直し、蘇らせることにチャレンジすることで、技術力に大きな知的財産としてのバックボーンを与えてくれると感じることができた。

かつての名車を「復活(Revival)」させ、当時の形に「生き返らせる(Restore)」
そして完成度の高い状態で「自動車競技(Rally)」に出場する。
それにより技術力を「高める(Raise)」ことができる。

同時に1つの目標に全社員が一丸となることで社員と社員の「絆(Relationship)」を築き、同時にモータリゼーション社会の中でクルマを愛する人々の「絆(Relationship)」に貢献できる。

5つの“R”を実践する新たな挑戦へのプロジェクト「プロジェクトR」を、エンジニア技術研修の一環として、新たな教育プログラムを設定。
日本の世界の歴史的財産を守り後世に伝えると共に、大阪トヨペットグループの店舗では、お客様が大切にする思い出の愛車をいつまでも輝き続ける事ができるお手伝いを行う整備責任を果たしていきたい。

プロジェクトR
プロジェクトR
   

レストアカーについて

Car
2000GT 1967-1970
2000GT 1967-1970
2000GT
2000GT

下の動画は1989年、ヨーロッパで開催された、7日間約3000kmを走破する、ピレリークラッシックマラソンというラリーの映像です。
ドライバーは1970年代、セリカやレビンでWRCラリーに出場、幾度となく優勝し、「ラリーの神様」と呼ばれ、ドライバーの引退後はトヨタ・チーム・ヨーロッパの監督として、トヨタF1の代表を務めるなど、生涯トヨタと共にモータースポーツの発展に努めた人物。オベ・アンダーソンです。
そのオベ・アンダーソンがドライブし、ピレリークラッシックマラソンに出場した、歴史ある2000GTを自社エンジニアが再生させることで、クルマの基礎から自動車を学び直し、同時にレストアという新しい取り組みにチャレンジをします。

プログレス

Progress
プロジェクトR発足式
2019年8月22日

プロジェクトR発足式

2019年8月22日 OTGトレーニングセンターでプロジェクトRの発足式が行われました。 プロジェクトRファク […]

スタッフレストア日記

Diary
表示されない方はこちらからQRコード
いよいよスポーツの祭典、東京オリンピック開催ですね❗
スポーツと言えば、自動車にも「モータースポーツ」があります。
2000GTもレースに出場していたんですよ😃
1966年5月 日本グランプリ3位
同年6月 鈴鹿1000km1位
1967年3月 鈴鹿500km1位
4月 富士24時間1位
7月 富士1000km1位
9月 鈴鹿1000kmー

前回の東京オリンピックが1964年。その翌年1965年に東京モーターショーで2000GT(プロトタイプ)御披露目。
そして1966年からレース参戦し、1967年に市販開始。
当時は色んな賑わいが続くなかで、2000GTはデビューを果たしたんですね☺️
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-07-23
トランク開口部のメッキモールが取り付けられるレールが欠損していたため、鉄板を切り出して作成中。
軽く折り曲げ、ゆるい弧を描いた形状に。これをボディに取り付ければ、メッキモールが取り付けられる❗
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-07-16
ドア内張りの片側の修復が完了しました😊
上部の鉄板と下部のハードボードをリベットで合体。取り付け用のクリップは、面ファスナーで対応。ハードボードに直接貼ると、ボードがめくれる可能性があるので、金属板に貼った状態でボードに取り付け。
ウレタンスポンジシートと表皮のレザーを切り出し、ボードに取り付け。
面積が広いためシワが出来ないように注意しながら周囲をしっかり接着したら出来上がり👍
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-07-08
キャブレターの修復作業もほぼ終盤。スロットルシャフトのシールを交換して組み上げ。
一部で部品の供給が無いなど、まだちょっと出来上がりとまでは言えませんが😅

当時の状態を維持できなく、補修したタイミングで加工修理すると、後になって色んな影響が出そうなので、現物加工はできれば避けたいですよね🤔

ドアの内張りも作業が進んでいますが、次回にご紹介させていただきます。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-07-07
今回はエンジンの部品ネタ
オイルレギュレータという名称で、エンジンのオイルポンプからオイルクーラーへの油圧を一定に保つ部品です。

2000GTの3Mエンジンは、オイルポンプがエンジン内部にあるものと、外部にあるものの2種類ありました。
こちらは外部ポンプのものになります。
内部ポンプ用のレギュレータが欲しいのですが、これを使えるようにします😊

分解して、どうしても外れないパイプのジョイント。使用しないポートなので、ジョイントを外して栓をしたかったのですが、外れないんです❗無理に外そうとして破壊するのもイヤなので、ここに栓をすればいいよね✨
ただ、ここの規格が配管部品の規格やら高圧ホースの継手の規格やらで🤔
なんとかここを塞ぐ部品を調達し、使えるようになったと思います。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-07-01
プロジェクトRは、大阪トヨペットの研修施設内に設けられており、研修に来る社員に随時見てもらえる様にしております。
この研修施設は、グループ会社の社員も一緒に研修を行っています。

この日は、今年入社した新人エンジニアの研修が行われ、少し時間を頂きましてプロジェクトRの活動内容の説明や展示部品の紹介等させて頂きました😊

2000GTに使われていた部品、構造、技術が現世代の自動車の整備に直接的に結び付くものでは無いと思いますが、自動車の基本構造や技術の進歩など、バラバラな状態であるからこそ学べる事が有ります。
これこそ「温故知新」ですね😊

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-06-25
天井に取り付けてあった内装材ですが、過去に作り替えられていますね。
こちらも新たに作り直します。
ただ、この部位はレザーにパンチング加工されており、穴の大きさや間隔が希望するものがあるのかどうか?😥
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-06-19
しつこくドアの内張りネタで引っ張ります😅
ハードボード以外の構成部品です。ひときわ目を引く朱色(赤色)の部品ですが、内張り上部の骨格となる部品で、金属のプレス品です。
レザー張ってしまえば見えない箇所なのに、なぜこんな目立つ色を塗っているのでしょうか?

部品が鉄板なので、おそらく錆止めの塗装を施していると思われます。
その塗料の材料ですが、防錆効果の高い鉛丹(光明丹、赤鉛とも言われる)を用いることで、
朱色に発色するようです🧐

ただ、文字に現れてますように、鉛が含まれております。現在、鉛は有害物質として認知され、各分野の製品から排除する動きがあります。
もちろん、それぞれ代替品はあると思います。

と言うことで、これを補修したら朱色じゃなく別の色になってるかも⁉️

#2000gt
#トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-06-09
ドア内張りの構成部品をバラし、ボードに穴開け。モール類の取り付け金具を手元にあった銅板で複製。
よーく調べてみると、ガルバニック腐食という現象が起こる事が判明😨

ガルバニック腐食とは、異種金属接触腐食といい、電位に差のある金属同士が電解液のような電気が流れやすい環境下にあると、電位が低い金属の腐食が速まるそうです。
身近なところでは、タイヤエアバルブ(真鍮製)にプラスチックのキャップが付いてますよね。このキャップをドレスアップのためにアルミ製のキャップに交換し、月日が経って外そうとしたら、白っぽい錆のような付着物があり、キャップが固着していた。なんて事はありませんか?
車室内とはいえ、湿度は変化するもの。やはりここは銅板は避けた方が良さそうですね🤔
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt #ガルバニック腐食
2021-06-02
梅雨時期のジメジメは嫌ですね😥
ジメジメと言えば湿度。この湿度が金属にとって大敵なんです。
相対湿度が60%を越えると、急激に発錆が増加するそうです。
金属と言えば、まず思い浮かぶのが鉄。
当時の自動車の各部には多くの鉄が使用されていました。
鉄以外にもいろんな素材が使用されていたので、少しご紹介しましょう😊

まずはボディ。いわゆる鉄です。現在はより強度が高く薄く作られてますね!アルミやカーボン素材で軽量化されたり進化しています。

ホイールはマグネシウム合金。腐食しやすく、衝撃に弱い素材ですが、とにかく軽量。

シリンダーブロックは鉄。現在はアルミで軽量化されているのが多いですね。

ヒーターユニットのケース。こちらも鉄。形状が簡素ですが、現在は樹脂で形成され、複雑な形状も作り出すことが可能ですよね。

ワイヤハーネスの導線は銅。現在も多くは銅を使用していますが、軽量化のために一部でアルミの導線が使われています。

ダッシュボードには、繊維強化樹脂(FRP)とビニールレザー、ウレタン、木材と多種素材を組み合わせることで高級感と安全性を確保していたようです。現在は樹脂で複雑な形状かつ軽量に作られています。

ドアの内張りも鉄や木材でしたが、今や樹脂。
多くの素材が軽量で加工性が良く、安全性が保てるものに置き換わってきてます。

こうしてみると、腐食しにくい素材が増えてますよね。プラスチックによる環境汚染が深刻化してるなか、環境負荷とならないように現在はほぼリサイクル♻️されています😊
#2000gt
#トヨタ2000gt 
#toyota2000gt
2021-05-27
ドアの内張りの続きです。
型紙に必要な穴を開け、ハードボードに転写するのですが、元の金属製クリップはボードに
開けた穴に対して、ある程度自由に移動できますが、現在主流の樹脂製クリップは、開けた穴に位置が固定されてしまいます。
樹脂製クリップを使うには、ボードに開ける穴位置を正確に割出し、マーキングする必要が有りますね🤔
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-05-15
以前に投稿しましたドアの内張りの修理の準備に取りかかります。
赤い部分が鉄板で形成された部位で、茶色い部分がハードボードです。
今回このハードボードを新たに作り直します💪
まずハードボード裏側の縁に留めている表皮を剥がします。
次に鉄板部と接合しているリベットを外します。
全てのリベットを外せば分離完了。黄色い物体は、表皮の裏側にクッション材として入っているスポンジシート。
これでボードの型どりが出来ます😉
元のボードが反っていたり、穴が崩れていたりしてますが、型の方で修正しておきます。
梱包材として使われていたハードボード上に並べてみたのですが、2枚分大丈夫ですね😊
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-05-08

PAGE TOP