プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトR

プロジェクトについて

Project
プロジェクトR 古きを学び、新しきに挑戦する。新しいステージに進むため、歴史の名車を蘇らせる。

プロジェクトRとは…

かつて存在した歴史に名を残す名車と言われた車が存在する。
しかし、年月はその名車を世の中から消し去ろうとする。
それらを過去のものとして忘れ去ることは今ある技術の礎を捨て去ることでもある。

大阪トヨペットグループでは、2015年、トヨペットコロナを修復した経験を持ち、その時の経験から歴史の財産である名車たちをあらためて見直し、蘇らせることにチャレンジすることで、技術力に大きな知的財産としてのバックボーンを与えてくれると感じることができた。

かつての名車を「復活(Revival)」させ、当時の形に「生き返らせる(Restore)」
そして完成度の高い状態で「自動車競技(Rally)」に出場する。
それにより技術力を「高める(Raise)」ことができる。

同時に1つの目標に全社員が一丸となることで社員と社員の「絆(Relationship)」を築き、同時にモータリゼーション社会の中でクルマを愛する人々の「絆(Relationship)」に貢献できる。

5つの“R”を実践する新たな挑戦へのプロジェクト「プロジェクトR」を、エンジニア技術研修の一環として、新たな教育プログラムを設定。
日本の世界の歴史的財産を守り後世に伝えると共に、大阪トヨペットグループの店舗では、お客様が大切にする思い出の愛車をいつまでも輝き続ける事ができるお手伝いを行う整備責任を果たしていきたい。

プロジェクトR
プロジェクトR
   

レストアカーについて

Car
2000GT 1967-1970
2000GT 1967-1970
2000GT
2000GT

下の動画は1989年、ヨーロッパで開催された、7日間約3000kmを走破する、ピレリークラッシックマラソンというラリーの映像です。
ドライバーは1970年代、セリカやレビンでWRCラリーに出場、幾度となく優勝し、「ラリーの神様」と呼ばれ、ドライバーの引退後はトヨタ・チーム・ヨーロッパの監督として、トヨタF1の代表を務めるなど、生涯トヨタと共にモータースポーツの発展に努めた人物。オベ・アンダーソンです。
そのオベ・アンダーソンがドライブし、ピレリークラッシックマラソンに出場した、歴史ある2000GTを自社エンジニアが再生させることで、クルマの基礎から自動車を学び直し、同時にレストアという新しい取り組みにチャレンジをします。

プログレス

Progress
プロジェクトR発足式
2019年8月22日

プロジェクトR発足式

2019年8月22日 OTGトレーニングセンターでプロジェクトRの発足式が行われました。 プロジェクトRファク […]

スタッフレストア日記

Diary
少し遅くなりましたが、昨年は多くのいいね👍や応援コメントありがとうございました😊
本年もコツコツとですが作業を進めてまいりますので、宜しくお願いします🙇⤵️

当社の研修棟に作業スペースを設けているのですが、部品の展示コーナーを設置してみました❗
研修に来る社員向けとなっていますが、レストアに興味を持ってもらったり、当時の技術を学んでもらったりしてもらえたらという試みです。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2021-01-09 03:35:32
本日はクリスマスイブ🎄
プロジェクトRから皆さんにプレゼント出来る事って無いのですが、作業の合間に撮った写真で、わずかですがアートギャラリーっぽくお届けしたいと思います。
良いクリスマスを🎅
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt #アートギャラリー
2020-12-24 01:14:37
配線とは別に進めていた作業で、ダッシュボードの両サイドに外気導入するダクトがあるのですが、ダクト内の弁を開閉するレバーが、片側欠落していたので作ってみました😊
元の素材は樹脂の様ですが、趣味であった模型の材料があったので、真鍮パイプで製作開始。
試しに作ってみたとはいえ、なかなか良さげ😅

#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-12-23 02:07:22
室内側の配線を点検修復してるなか、ディマスイッチのカプラーが溶損してました。
ディマスイッチとは、ヘッドランプのハイビーム、ロービームを切り替えるスイッチです。2000GTは運転席足元に設置され、左足でこのスイッチを押す毎にハイロー切り替えるんですね😲

で、溶損の原因ですが、スイッチ内部の接点の接触不良により、電気抵抗が増えて発熱し、カプラーの溶損に至ったと思われます。
車両火災の原因となりうるので、他の箇所も要チェック👉
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-12-18 04:51:52
つい夢中になって、作業中の写真を撮るのを忘れてました😅
作ったステーを所定の位置に固定するために、取り付け位置の清掃。
そしてステーを固定し塗装します。
スイッチを取り付けるのですが、無いのでブレーキペダルの上部にあるストップランプスイッチを仮設置。バッチリですね😃
ちなみに、前期型のここのスイッチは、ストップランプスイッチと同じ物が使われるんです。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-12-13 07:50:50
左側のヘッドライトを車両から外す際、本来あるべき部品が欠落してました。
開閉機構のリンクが閉時にライトを消灯するためのスイッチが取り付けられるベースが無いんです😱
とりあえずベース作らなきゃ。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-12-09 04:25:21
おおよそ補修の終えたエンジンルーム側の配線を仮設置し、その際フォグランプとヘッドランプを外し、各部を確認。
同時に装飾のメッキパーツを清掃。
欠品や欠損箇所、劣化したゴム製品。色々出てきますね😅
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-12-04 01:30:00
既存の車両ワイヤハーネスですが、エンジンルーム側のセクションを診ていきます。
熱や湿度による影響の多いエンジンルーム内の配線や接続端子はどの様になってるのでしょうか?

多くの配線をまとめているテーピングは剥がれかけてボロボロ。接続端子は表面の酸化と青サビ。スリーブは変色しているものの柔軟性あり。
一部断線はあるものの、修理可能。

端子は磨けば問題なし。スリーブも歯間ブラシの様な物で内部を清掃。必要な箇所は端子とスリーブは交換して、テーピングを施していきます。

だいぶスッキリしてきた😊
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-11-29 04:33:20
メインの車両配線があっても、その先のサブワイヤハーネスという接続配線が無いので、これらも作る必要が有ります。
メインの車両配線の修理を行いながら、同時にサブワイヤハーネスを作っていきます。

ドアへの配線ですが、シガライタソケットの配線が左右それぞれ1本づつ。
あと青い配線はドアの開閉を検知するカーテシスイッチの配線です。

このようなサブワイヤハーネスを各所必要となります。続きはまた後日😉
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-11-25 06:34:07
既存の配線で腐食や欠落している部分の修理をやっていきましょう❗
まずはトランスミッションに取り付けられているスイッチへの配線。
丸端子部分は銅板から切り出し、配線を接続して、あっという間に完成。
この後も他の修理をやっていきますよ😃
#2000gt #トヨタ2000gt
2020-11-20 03:49:13
車両後方側へのワイヤーハーネスの作成も終盤。原形が判らないので、車両に配線を這わせながら分岐線を作ったりテーピングしたりする中、一進一退を繰り返す事も😅
なので、本来の分岐位置や取り回しとは異なると思いますが、必要な配線は準備できました😊
あとは接続先に合わせて長さを調整し、接続端子を取り付けるだけです。
#2000gt #トヨタ2000gt #toyota2000gt
2020-11-15 06:37:21
車両の後方側への配線が無かったのですが、ようやく製作開始です!
配線は12本。長いもので5m弱。
まず車両側のコネクターですが、端子の腐食もあるため、端子とカプラーを取り替えます。
そして各配線を必要な長さにカットし、その束を軽くツイストしてテーピングします。
仮合わせは良好でした😊
次回は、この配線の束から分岐する配線を作っていきます💪
#2000gt #トヨタ2000gt #ワイヤーハーネス #自動車配線
2020-11-11 06:22:00

PAGE TOP